生きる可能性。

森と踊る


心と体と頭が重なって、
自分が自由になる。
そんな魂が踊るとき、
わたしたちは可能性として生きている。
 
大地と水と光が重なって、
自然が自由になる。
そんな生態系が踊るとき、
森は可能性として生きている。
 
わたしたちは、森と踊る。
人と森とがひとつになるとき、
それぞれの生きる可能性は、眩しくきらめく。
 
きらめきは境界線なく、街へ、世界へ。
悦びが循環し、

命が共振する世界の鼓動にあわせて、
わたしたちは踊り続ける。

 
 

会社概要

会社名   森と踊る 株式会社 
所在地   東京都八王子市上恩方町4643 
代表取締役 三木一弥 
取締役   三木香奈子、河村和紀、村上右次 
設立日   2016年2月17日 
URL    www.moritoodoru.co.jp

<事業内容>

森イキイキ事業〜森林価値創造事業〜

・森林再生・管理・間伐施業

 -皮むき間伐仕事

 -森仕事ワークシェア

 -森整備 他

・木製品の製材・加工・生産・販売

・リフォーム

 -住宅リフォーム

 -店舗内装

 -リフォームデザイン 等

・森仕事、木仕事の創造事業

心の森事業〜 人・組織の能力復興事業 〜

・森を通してのリーダーシッププログラム

・森の可能性を感じてもらうイベント企画、運営

 -森と踊る木こりフェス

 -森と踊る木こり体験 他

・コンサルタント事業 心の森

・エグゼクティブカウンセリング

・チームファシリテーション

・組織開発コンサルタント

 

メンバー

 

メディア・​講演等

2018/08/14

木暮人倶楽部

「林業から森業へ」 

ゲストスピーカー (三木一弥)

2018/03/12

アースデイ東京2018
OPEN MEETING vol.6

アースデイ東京が考える森林と狩猟の新しい未来像

全体司会(河村和紀) ゲスト(三木一弥)

2018/01/27

よこはま里山研究所

まちの近くの里山をいかすシゴトづくりフォーラム
~森の価値を高めるアプローチ最前線

プレゼンター(三木一弥)

2017/12/02

平成29年度 金沢大学里山里海マイスター養成講座

講義「人を森に 森を街に」

講師(三木一弥)

2017/04/23

アースデイ東京2017 後夜祭

ゲストスピーカー(三木一弥)

 

2017/04/16

ラジオ J-wave『WONDERVISION』 (三木一弥)
o ウェブコラムはこちら
o 録音はこちら  

 

2017/04/15

PEAKS 2017年5月号(雑誌)

『Beyond the PEAK with MAMMUT 三木一弥の挑戦
「森を守る」』(三木一弥)

2017/03/26

タウンニュース 八王子版 『恩方で選木体験会』
 

2017/03/15

公益財団法人 森林文化協会 森林環境2017

『人と森の調和と可能性~荒れた森だから人が来る?』(三木一弥) 
o Web公開版はこちら


2017/03/09

アースデイ東京2017直前作戦会議
コーディネーター(河村和紀) パネラー(三木一弥) 

2016/11/26

森と木と遊びのエキシビジョン 講演(三木一弥)

『東京の森と森と踊るの活動』

2016/10/16

ラジオ J-wave『SARAYA ENJOY NATURAL STYLE』 
o ウェブコラムはこちら 
o 録音はこちら  

 

2016/09/09

日経新聞 『森を守る 主役は子供』

2016/08/02

八王子経済新聞

『八王子で木の皮むき間伐体験 眠っている地元の森活用目指す』

2016/06/20

NHK おはよう日本

2016/05/29

NHK 子供手話ウィークリー

2016/05/19

NHK 首都圏ネットワーク
o 放映時動画はこちら

2016/04/21

タウンニュース 八王子版 『林業の新しい形に挑戦』
 

1969年奈良県生まれ、兵庫県とインド育ち。子供の頃から、遊園地より動物園、屋内より屋外へと大自然に惹かれる。横浜国立大学大学院工学修了後、株式会社クボタに入社。浄水、下水などの水処理のエンジニアを経て、組織改革、新規事業立上げを経験。2013年末、突如きこりになることを決意し、退職。2016年2月、「美しい自然がどこまでも広がっている。そこで人々が笑顔で分かち合っている。モノやコトも分かち合っている。自然と人も分かち合っている」という100年後の未来を実現するために「森と踊る株式会社」を設立。

◎心掛けていること:自分達はやる、素直に生きる&表現する、可能性を生み出す、人・森のイキイキ・美しさを引き出す
◎好きなこと:森や人間存在の探求、冒険&チャレンジ、正直に生きる仲間との交流、手作りの暮らし、ものづくり&場づくり

代表取締役(森と遊ぶきこり)

三木 一弥(ずーやん)

Kazuya Miki

1982年熊本県生まれ。幼少期より父の転勤に伴い日本各地を転々とし、中高は東南アジアで過ごす。大学入学と同時に帰国、通勤電車で疲れきった大人たちを見て問題意識を持つも、いざ社会人になると自分自身も見事に「疲れた大人」を体験する。そんなとき、「森に来たらいいよ」の一言で森での活動を開始。2016年2月、沢山の学びや気づきをくれ、また受け取ってくれる森へ恩返しをしたいという想いを強くし、「森と踊る株式会社」を設立。
現在は高尾の森の近くに住み、「丁寧に生きる」を探求中。特に「食」を通じた発信を模索している。

米国CTI認定 CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)

◎担当分野:コーチング、事務全般(他社の人事業務委託請負中)、全体に目を配ること、歌を通じて届けること
◎好きなこと:料理、お菓子作り、歌、読書、編み物、森で昼寝、焚火

取締役(森と踊るの守り人)

三木(中嶋)香奈子 (なこ)

Kanako Miki(Nakashima)

1967年東京都武蔵野市生まれ、昭島市、八王子市育ち。父親の故郷である高知県土佐清水市の四万十川奥地に現存する素晴らしい自然環境の中で、原体験ともいえる自然に触れる。20年以上不動産のさまざまな分野を経験。現在は不動産業とスイートポテトの製造販売業に携わる。2016年2月、「森と踊る株式会社」を設立。森の魅力と八王子の資源をつなぎ、自然と共生する八王子市を実現することを目指し日々奮闘中。

◎得意なこと:自分の好きなもの・ことを魅力的に発信すること、八王子市に関すること、渓流のルアーフィッシング他釣り全般
◎好きなこと:渓流釣り、山菜採り、きのこ狩り、キャンプ、アウトドア料理、山歩き、採って食べること
◎他にやっていること:株式会社大盛・不動産業、高尾ポテト

取締役(森・街・人のコネクター)

村上 右次(むーさん)

Yuji Murakami

神奈川県横浜市生まれ、親の転勤で奈良や山梨で育つ。
TV・CMの映像制作を経て、映像ディレクターとしてNPOや社会起業家などのソーシャルフィールドを中心に活動。地域に足を運ぶ内に目の前の地域課題に対してメディアの立場ではなく、主体性を持った活動に意識を持ち始め、TEDxTokyo、アースデイ東京などのボランティア活動など経験しつつ、今に至る。現在は、森と踊るの後方支援を行いながら、森と踊る外では新しい発電システムを作るスタートアップや学生の海外ビジネスプログラムのファシリテーター、イベントの司会など、新しい分野を常に開拓中。また、コロナ禍に子どもを授かり、家族全員で未来を模索中。

◎得意なこと:大抵の事にワクワクする、映像製作、イベントオーガナイズ、ファシリテーション、MC
◎好きなこと:フェス、D.I.Y、人の話を聞く、ゲーム、寒いより暑いほうが好き

取締役(共創家 / 木こり見習い)

河村 和紀(かずを)

Kazunori Kawamura

1962年、東京生まれ。自然と生きものが大好き。子供時代に移住した千葉県で、当時失われつつあった美しい日本の里山の自然に触れて育ち、原体験となる。20代は映像関連、30代はサラリーマンとなり企業を転々としたが、40代で東京に自然を取り戻すべく植木屋の道に進む。自然との共生を模索してもがいていた50代半ば、ずーやんと出会い、自然とのホンモノの共生を自ら率先して創り出している様を目の当たりにして衝撃を受け、森と踊るに飛び込む。
現在はホタルの会の会員数五万人を目指して活動中。

◎得意なこと:自然の生きものたちに愛情を持って接し触れ合い、その楽しさを人に伝えること
◎好きなこと:生命の仕組み、進化の不思議、宇宙の神秘などについて語り合うこと

◎他にやっていること:枯れ沢復活&ホタルを飛ばす会

森と肩組む木こり

三木 繁治(しげちゃん)

Shigeharu Miki

  • Facebook Social Icon